title

AGAによる薄毛の状態や治療をするための方法

AGAの症状、有効な治療法

AGAの症状、有効な治療法

男性特有の脱毛症としてAGAという症状があります。AGAは正式名称をAndrogenetic Alopeciaと呼び、日本語では男性型脱毛症と呼ばれる病気です。

このAGAは男性ホルモンのテストステロンが、5αリダクターゼという酵素の作用によってジヒドロテストステロンへ変化し、そのジヒドロテストステロンが毛根に対してダメージを与える事によって発症する脱毛症です。

毛髪というのは、本来であれば長い年月をかけて成長し、その後脱毛の後に新たな髪が生えてきます。 ですが、このジヒドロテストステロンの作用によって毛根がダメージを受けると、髪の成長サイクルが正常なものから乱れた状態になり、髪が抜け落ち、新たな髪が生えなくなってしまいます

したがって、このAGAを発症した際には髪が抜け落ち、生えなくなってしまうことによって、頭髪が薄くなってしまうのです。

AGAの治療方法としては、大きく3つの方法があります。まず1つ目はAGA治療薬と呼ばれる、専用の育毛剤を用いた治療です。

2つ目は側頭部や後頭部の目立たない場所に存在する髪、もしくは人口の髪をAGAの幹部に対して植え付ける植毛という治療方法です。

最後に3つ目の治療方法が、HARG(ハーグ)療法と呼ばれる治療方法で、これは日本語で毛髪再生医療と呼ばれるものです。

この治療方法は、脂肪幹細胞と呼ばれるものから抽出した成長因子、そしてビタミンやアミノ酸などの栄養素を頭皮に対して注射し、AGAの発症によって乱れた毛髪の成長サイクルを正常な状態に戻し、発毛を促すという治療方法です。

なぜ男性だけがAGAを発症するのか?

AGAは男性型脱毛症と呼ばれる脱毛症です。このAGAは男性の発症者数が非常に多い脱毛症なのですが、男性にのみ発症する原因として性ホルモンが関係しています。

性ホルモンというのは、ステロイドホルモンと呼ばれるホルモンの1種です。このステロイドホルモンというのは、脊椎動物や節足動物といった動物に対して作用するホルモンです。

ステロイドホルモンの1種である性ホルモンですが、これは第二次性徴と呼ばれる時期に多く分泌されるもので、男性であれば男性ホルモンと呼ばれるものが、女性であれば女性ホルモンというものがそれぞれ分泌されやすい傾向にあります。

性ホルモンの作用によって、男性であれば身体を男性らしいたくましいものに、女性の場合は丸みを帯びた女性らしいものへと変化していきます。

そんな身体を作り変える働きのある性ホルモンの中でも男性はテストステロンというホルモンが多く分泌されています。

このホルモンは体中の筋肉を増大させる、骨格を発達させる、というような作用があります。そして、このテストステロンは5αリダクターゼという酵素の働きによって、ジヒドロテストステロン(DHT)という別の性ホルモンに変化します。

ジヒドロテストステロンは、テストステロン以上に強力な作用のある男性ホルモンなのですが、作用が強すぎるあまり、毛根に対して強すぎる刺激を与えてしまい、その結果髪の成長サイクルが短くなり、AGAの症状が現れるようになります。

したがって、AGAは元々身体に存在している、正常な性ホルモンが酵素の働きによって効果が高すぎるものに変異し、その変異した性ホルモンの働きによって発症する症状なのです。

テストステロン自体は女性の体でも分泌されるものですが、分泌量は男性と比べて圧倒的に少ないため、ジヒドロテストステロンが生成されたとしてもAGAの症状が現れないからです。

したがって、女性であっても性ホルモンの異常などが原因でテストステロンが多く分泌されるようになると、AGAと同様の薄毛症を発症する場合があります。

全ての男性ホルモンが悪いわけではない

AGAは性ホルモンの中でもジヒドロテストステロンが原因となって発症する薄毛症です。そのため、性ホルモンというものが全て身体に対して悪いわけではなく、悪いのはAGAの原因となるジヒドロテストステロンだけです。

ジヒドロテストステロンは性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼが結合した際に生成される性ホルモンです。

ジヒドロテストステロンの元となるテストステロンは、男性の身体で多く分泌される性ホルモンなのですが、この性ホルモンは加齢によって分泌量が減少するという特徴があります。

そして加齢によってホルモン量が減少してしまうと、身体はその状態を異常と判断し、より強い効果のある性ホルモンの分泌を指示し始めます。そうすると、テストステロンが5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロンが生成されるのです。

このジヒドロテストステロンはテストステロンよりも強い働きをする男性ホルモンです。そのため、ジヒドロテストステロンが身体の中に存在する状態になると、身体はホルモン量やホルモンの働きが正常に戻ったと判断するようになります。

しかしこのジヒドロテストステロンというのは、テストステロンには存在していない、脱毛作用が存在しています。

ジヒドロテストステロンはテストステロンと同様に、アンドロゲン受容体とよばれる箇所に対して結合をするのですが、そうすると本来テストステロンがアンドロゲン受容体と結合した際には発生しなかった、脱毛の症状が現れるようになります。

そして更に、ジヒドロテストステロンの作用によって脱毛するまではいかなくとも、ジヒドロテストステロンの作用によってダメージが与えられた毛髪は細く弱々しい状態となってしまうため、毛髪全体がスカスカとした状態、薄毛になります。これらの脱毛や薄毛の症状こそが、AGAなのです。

5αリダクターゼ

AGAの原因となるジヒドロテストステロンは、性ホルモンのテストステロンと5αリダクターゼという還元酵素が結合することによって生成されます。この5αリダクターゼには2種類存在しています。

まず1つは1型5αリダクターゼです。この1型5αリダクターゼは、側頭部や後頭部の皮脂腺に存在しています。

2つ目は2型5αリダクターゼで、こちらは前立腺や全頭部から頭頂部の、毛乳頭と呼ばれる部位に存在しています。一般的にAGAと呼ばれる症状は、この2型5αリダクターゼが原因で発症する薄毛症です。

5αリダクターゼ自体は実はテストステロンの働きを補助する作用のある酵素で、身体の健康な成長のためには必要不可欠な存在なのですが、加齢などによって男性ホルモンの分泌量が減少すると、身体に対してより強力な男性ホルモンを供給するために、テストステロンと5αリダクターゼが結合し、ジヒドロテストステロンが生成されます。

そうすると、ジヒドロテストステロンがテストステロンの代わりとして、体内に存在する状態になります。体内に存在するアンドロゲン受容体にジヒドロテストステロンが結合し、毛根に対してダメージを与えてしまい、結果的にAGAの症状が現れるようになってしまうのです。

AGAの原因について

AGAの原因となるものには、大きく3つのものがあります。まず1つ目はジヒドロテストステロンの作用です。このジヒドロテストステロンはテストステロンが5αリダクターゼと結合し変異する事によって生成される男性ホルモンで、このジヒドロテストステロンがアンドロゲン受容体と結合することによって毛髪の成長サイクルが短くなり、脱毛や薄毛の症状が現れるようになります。

2つ目は遺伝です。AGAというのは実は遺伝する症状です。というのも、AGAの原因となる5αリダクターゼとアンドロゲン受容体の活発さや感受性の高さというのは遺伝によって決まるもののため、もし血縁関係にある人物の中でAGAを発症している人がいると、そのAGAを発症している人から5αリダクターゼとアンドロゲン受容体の活発さなどが遺伝し伝わってしまう可能性があるため、AGAの発症率が高まります。

そして3つ目はストレスです。ストレスや生活習慣の乱れなどが発生すると、身体の代謝や血行が悪化します。 そうすると、頭皮に対して成長ホルモンや栄養といったものが行き渡らなくなってしまい、AGAの進行速度が加速し、本来の進行速度よりも遥かに速い速度でAGAの症状が現れる用になってしまうのです。

ですがこのストレスや生活習慣の乱れによるAGAというのは、ストレスや生活習慣の乱れを改善することによって症状が治まる場合もあるため、発症後の治療が他の2つと比べて行い易いという特徴があります。

5αリダクターゼ

ジヒドロテストステロン(DHT)が原因となって発症するAGAのメカニズムを解説します。まず人間の体内にはテストステロンという男性ホルモンが分泌されています。

このテストステロンは20代前半頃に分泌量のピークを迎え、その後は加齢によって分泌量が徐々に減少し始めてしまいます。

すると脳は、体内のテストステロン量が減少しているのを察知し、もっと強い効果のあるテストステロンを求めるようになります。そうすると、体内に存在する5αリダクターゼと呼ばれる還元酵素とテストステロンが結合し、ジヒドロテストステロンというものが生成されるようになります。

このジヒドロテストステロンはテストステロンよりも強い作用のある男性ホルモンで、テストステロンと同様の作用を身体にもたらします。ですが、このジヒドロテストステロンにはテストステロンには無い非常に強い脱毛効果も持ち合わせています。

したがって、身体中でジヒドロテストステロンが分泌されるとテストステロンが不足していると脳が感じなくなる代わりに、ジヒドロテストステロンのもつ強力な脱毛作用によって、毛髪が抜けてしまう脱毛の症状や、毛髪が細く弱くなってしまう薄毛の症状など、AGAの症状が現れるようになるのです。